FC2ブログ

KaleidoScope

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日の日記は長いですっ!!w


遅くなりましたが、3月18日に、大学を卒業しました。
4年前は、何も考えず、ただただ楽しいのであろう大学生活を夢見て、オレンジデイズを夢見て、関学に入った。でも、現実は、そんなドラマからは程遠く・・・

毎日繰り返されるECとその宿題。コン演にキリ教に、朝の5:30から起きて、駅で友達と毎朝待ち合わせしていったっけ。
学校の周りを見渡せば、山、木、森・・・そして、田んぼ。どこで遊ぶねんっ!って思ってたけど、気付けば、図書館がたまり場になってた。
毎日朝から学校行って、授業受けて、休み時間は図書館でECの宿題して、食堂が混むから急いで席取りして、たわいもない恋バナとかして、また授業受けて、友達の授業が終わるまで図書館でまた宿題して、図書館前のベンチとかでダベって、みんなでバス乗って帰る。
そんな日々が当たり前のように繰り返されてて、それが不満でもあり、楽しみでもあった。


ゼミが楽しくて仕方なくて、毎週水曜の③限が始まる前に教室はいって、先生が来るの待って、だいたい先生遅れてきてたし、その間にたこ焼きパンとか食べたり要約のチェックとかしあう。ゼミ中も眠気と戦ったり、負けたりしながら、時間は過ぎていって、次の授業が始まるけれども教室から出たくなくて、サボってた。それなりにキャッキャいいながら新食でコイバナとかして、みんなで笑ったり、泣いたり、励まされたり。そんな1回生やった。

春になって、SCSが始まって、毎日のようにコアメンバーと顔合わせて、不機嫌なったり、笑ったりしながら企画進めていってた。いくら仲良しの友達でもMTGの時はパートナーとして、タタきあったり、悩んだりしてた。ECのプレゼンが厳しくなって、朝から芝生でプレゼンMTGとかしてたけど、結局はやっぱコイバナになってたり。秋になって、カナダに中期留学に行った。違う学部の子とかとも仲良くなって、毎日授業受けて、ダラーショップ行って、ミールホールでご飯食べて、ルームメイトと喋って。寝坊してスッピンパジャマで授業受ける日も少なくなかった。そんな2回生でした。

3回生になって、SCSの代表を任されて、先輩に泣きついたり、毎日やまもと事務室前のソファで話し合ったり。上手いこといけへんくて、みんなが何考えてるか分からんくなったりして、ホームで泣いたこともあった。パニくって、いやになったこともあったけど、いつも周りのみんなが一緒に考えてくれて、支えてくれてた。やから、諦めんと最後まで代表できた。ゼミでも、新しくゼミが始まって、先生の一言で男性の化粧について論文書き始めて、色んな男性誌とか読んでた。

4回生は、シュウカツから始まって、悩んで、凹んで、立ち上がってを繰り返した。シュウカツが終わってからは、バイトしたり、学校帰りに遊んだり、パーティーしたり、とりあえず「楽しいこと」をし続けた。夏が過ぎて、三田が寒くなってきた頃、急に卒業を意識しだして、毎日が思い出作りになってた。意味の無い授業とったり、用も無いのに毎日3時から学校行っては、授業受けんと食堂でランチして、図書館で戯れて、誰かのバースディ作って。学生時代にしかできひんことを探し続けて、学祭に出店したこともあった。1週間毎日友達の家に泊まって、徹夜で準備して、しんどかったけど、それが意味もなくただ楽しかった。学際が終わって、そろそろ本気で三田が凍りだす季節になった。クリスマスもお正月も三田で迎えたり、とりあえず毎日学校に、三田に、い続けた。


それで、気付けば卒業式。卒パのときは、ほんまに会う人会う人が知り合い、友達で、4年間でこんなに色んな人と知り合えたことがすごい素敵やと思った。それはやっぱり、三田、総政っていう、ある意味閉ざされた空間やったから可能やったんやと思う。もちろん、もし違う大学にいってたら、今とは全く違う生活送ってたやろうし、確実に今よりも楽しんで遊んでたと思う。でも、今のまきは、この4年間がすごく大事で、しんどいことも、辛いこともいっぱいあったけど、いっぱい考えて、いっぱい悩んで、いっぱい笑ったこの大学生活が本気で人生の宝物やと思う。
想像してた、オレンジデイズみたいな日々はここにはなかったけど、オレンジデイズとは比べ物になれへんぐらい濃い日々があった。まきの価値観、考え方を完全に変えた人たちがいてた。まきは小学校から高校まで同じ学校で、同じ友達で、久しぶりに新しくできた大学のみんなは、最初「この人たちすごい・・・」っていう思いしかなかった。まきには無い考えを持ってる人たちばっかりやったから。でも、そんな人たちと4年間一緒にいて、色んな考えを見てきて、いっぱい吸収して、飲み込んで、まきは成長したと思う。

裸足でバス停まで走った日。芝生で寝転んでアイスを食べた日。図書館で笑いすぎて注意された日。帰りたくなくて、友達の家に転がり込んだ日。102でmy wayを大音量で流した日。意味もなく夜の10時まで図書館に残った日。学校帰りにノリで映画観るためにバスから下ろされた日。


そんな素敵な素敵な空間からもう出ないといけないのは、すごく寂しくて、すごく不安で、すごく切ないけれども、それを受け止めるのは自分の問題で、どう飲み込むかは自分次第。こんだけ離れるのが嫌って思える仲間に出会えたことが、どんだけ素晴らしいことかって考えたら、まき、神様にめっちゃ感謝してる。この空間での経験は、まきの人生の中でもすっごい大きい存在で、これからも多分ずっとまきの基盤になっていく。
だから、いつでも戻ってこれるって信じてるから、この日々を無駄にしないように、社会に出て行こうと思う。


今まで一緒に笑ってくれたみんな、泣いてくれたみんな、励ましてくれたみんな、いっぱいの愛をくれたみんな、今までほんまにありがとう。
まき、社会に行ってきます!すぐ帰ってきたらどないしよっ!!w
スポンサーサイト
久しぶりの更新やっ

この1ヶ月間・・・何してたんやろ?なんか、いっぱいありすぎる。。。

まずはSCSの卒業旅行(っていっても、4人でw)で東京行った!
ショッピングはもちろん、TDLとTDS行ってきた♡あぁ・・・夢のワンダーランド
絶叫系が無理なのがまき一人やったんで、何かとお騒がせしました。。。でも、全部乗ったまきってエライっ!!
ディズニーの2日間とも、雨と強風っていう、天気は絶不調やったけど、みんなのテンションは絶好調やった!はず!!覚えてないっ!w

他には~SCSの追いコンあった!!
泣いたっ!一人で泣きまくったっ!!w 
実は前々から追いコン用に4回生は着々と集まったりして、KYな逆サプライズMTGとかしてたけど、そんなことがノリでできるメンバーってやっぱ改めてステキやった♡最後まで大人しく追い出されたりとかしまへんw
追いコンでは、お店までの暗号ゲームとか、お絵かきとか、やってほしくない企画とか、SCSメーカーとか、今までの振り返りの歌歌ってもらったりとか、感動ムービーとかしてもらって、かなり感動の追いコンでした♡
もう、2・3回生の話す姿を見ては「大きくなったなぁ」ってウルウルし、最後にみんなの前で喋るときは4回生の顔みた瞬間涙とまらんくなって、えりにハンカチもらったw 結局泣きすぎて何言いたいんか自分で分からんくなってもたけど。。。あんだけ人前で泣いたのは多分去年の追いコンぶり。多分・・・
やっぱまきの大学生活の中でSCSっていうのはすごい大きい存在で、その時いっぱい怒られたり励まされたりした先輩達っていうのはいつまでもものすごい偉大な人たちで、その後入ってきた後輩たちは怒ったりもしたけどやっぱり気になってしまうかわいい子たちやねん。
んで、3年半一緒に企画して、一緒にタタかれて一緒に悩んで一緒に達成してきた4回生は、今までもこれから先もずっとずっと大切な友達で、かけがえのないパートナーで、刺激を与え合うことができるメンバーやねん。
なんか、この話書いてたら長くなってきたから、この話の続きは卒業してからまた書こ。。w


この1ヶ月で他にやったことは、そう!天国に一番近い島行ってきたぁニューカレドニア
もぅね~バカンス♡
飛行機の中ではなぜかまき達の席だけ大洪水になってたり。
行きたかったツアーは満席で無理やったり。
最後には予約してお金まで払ったツアーのバスに乗り遅れて全てパァになったり。
見ず知らずのおっちゃん達に誘われて一緒にディナーしておごってもらったり。てか、着いてったんかぃって感じやけどw
こんなハプニング満載の4泊5日やったけど、めっちゃ楽しかってんって♡
ただ・・・紫外線が日本の2倍っていうだけあって・・・大変っ(>_<)ガッチリ焼けました。。。
でも楽しかったからええねん♡



そんなこんなな学生生活最後のロスタイムを過ごしてます。
卒業まで後4日間。何ができる?って考えても、いっぱいありすぎて、なさ過ぎて、とりあえず時間は流れるものやからしゃーないって割り切るしかないんかな。
やっぱ4年間は、めっちゃ長くて、ほんまに一瞬で、アホほど濃すぎて、あっという間にもう卒業を迎える年になってた。
4年前に想像してた自分とは一緒なんか、かけ離れてるんか分からんけど、今分かってることは、想像以上にこの4年間の存在はデカかったってことかな。

あーなんかどんどん卒業文集みたいなってきたから、もうやめよ。
とりあえず、残りの4日間楽しんで、卒業を迎えますっ!
きっと、次書く日記は暗くなるけどねっ!w

じゃ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。